妊娠を言えない人

 

妊娠したことを他人に言えずに、自宅出産してしまうケースがあります。
妊娠していると病院に通ったり、出産費用がかかりますので、病院に行かない人がいます。
更には、中絶費用も用意できないような若い10代だとやはり妊娠を親に言えずに、そのままになってしまうケースもありますね。
10代の妊娠は、望んでいないことが多いので、どうしても中絶の問題が大きくなってきてしまいます。
親に言えないというのは八方塞がりで、どうしようもなくなってしまいます。
せめて親に言うことが出来れば、中絶費用もなんとかできるケースがありますが、妊娠の問題は親子で会っても非常に繊細な問題なので、なかなか言えないこともあると思います。
若い頃は自分で生んでも育てていくことが出来ないこともありますので、やはり悩んでしまいますね。
特に男性が学生で全く経済力がないとか、結婚の意志がない場合は、女性の責任が任されてしまうので、非常に難しい問題だと思います。
男性が結婚してくれると言えば、結婚という選択肢もありますが、それが無くなってしまうと、女性はシングルマザーで出産するか、中絶するかのどっちかになってしまいますね。
保護者としては、やはり10代だと出産は認めたくないと思います。

 

母乳とルイボスティー

 

産後の食生活って、妊娠中ほどではないけれど、注意するに越すことはないよね。ましてや、母乳育児してる人は、母乳がそのまま赤ちゃんの体内に吸収されるわけだから、食生活は気になるはず。
カフェインって、大人の眠気覚ましにも使われるくらいで、精神的に興奮するような作用があると言われているよね。それが母乳を通じて赤ちゃんに伝わったら、赤ちゃんが愚図ったりする原因になったりする心配も出てくるみたい。
産後、コーヒーを飲んじゃってる私だけど、これからはコーヒーは1日1杯にして、あとはルイボスティーに切り替えようと思う。

更新履歴